うつ病にはいくつか種類がある【正確な診断と適切な治療が必要】

男性

ストレスが影響している

カウンセリング

抗うつ剤が効果的

うつ病は意欲の低下や気分の落ち込みが見られる内因性によるものが多くを占めています。しかしその他にも非常に多くの種類に分類され、躁状態が短い期間でくり返し発症するものや特定の物事だけに強い反応が見られる場合もあります。中には統合失調症や強迫性障害、パニック障害等の他の種類の精神疾患と紛らわしい症状も見られます。短期間で回復させる為には正確な診断と適切な治療が必要です。そしてこの病気を患う人が増加している理由の1つが過剰なストレスです。現代はストレス社会です。大量の情報が飛び交う職場や家庭環境で生活していると、気が付かない内にストレス耐性が著しく低下している場合があります。精神的ストレスや身体的ストレスが重なる事で脳の機能が上手く働かず、普段なら簡単に乗り越えられるストレスも重く感じる様になります。そしてこの病気を患う人は真面目で几帳面な上に完璧主義である場合が多く、職場でも高い評価を受けている人が目立ちます。しかし融通が利かず、些細な事でストレスを生じやすいという面があるので、うつ病になるリスクが高いと言えます。うつ病は再発する可能性が高い病気ですが、早期に専門医による適切な治療を受ける事で完治させる事ができる病気です。うつ病をはじめとする心の病については、精神科を利用して治療を受ける事になります。うつ病の症状は痴呆症や甲状腺機能低下症等の他の病気が原因で生じるケースがあります。ある程度の設備が整っている総合病院ならこれ等の病気についての精密な検査も可能です。人の気分に影響する脳内神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンが減少する事で様々なうつ病の症状を引き起こしていると考えられています。数種類の抗うつ剤を投与して減少を抑えれば、症状を解消させる事が期待できます。抗うつ剤には数多くの種類があり、症状に応じて使い分けていきます。抗うつ剤には強い副作用があるという印象を持つ人が多いですが、新しいタイプの抗うつ剤は副作用が少ないのが特徴です。中でもセロトニンだけを増加させる事を目的として開発されたSSRIは第一選択薬として広く利用されています。不安や気分の落ち込みに高い改善効果が期待できます。そしてSNRIはセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンにも作用するので、意欲や気力の低下を防いでくれる上に身体の痛みも軽減します。NaSSAは新しいタイプの抗うつ剤の中では最も高い効果が期待できます。しかしその反面、食欲増進や眠気といった副作用があります。この様な副作用は飲み始めに強く現れる事が多く、慣れてくれば気にならなくなる人もいます。そして古いタイプの3環系や4環系の抗うつ剤は新しいタイプの抗うつ剤で効果が期待できない場合に優れた治療効果を発揮する事があります。便秘やふらつき、のどの渇きが強く現れる人が多いですが、薬の量のを微妙にコントロールする事で対処できる場合もあります。更に眠気や食欲増進等の副作用については、不眠症や食欲不振等のうつ病の症状を持つ人に合わせて利用するという手段もあります。うつ病患者を短期間で回復させる為には、的確な診断と治療が必要です。安心して任せられる医師を見つける事が先決です。

医療機関でおこなうこと

男性

いろいろな種類のうつ病がありますが、どれを発症したとしても医療機関に訪れて、薬物治療や行動療法やカウンセリングを受けましょう。費用が心配ならば、安くする自立支援医療システムがあるため、スタッフへの相談をおすすめします。

もっと詳しく

原因は複数あります

看護師

うつ病は誰もが患う可能性のある身近な病気の1つです。治療には抗うつ剤の使用が中心になりますが、症状に応じて使う薬の種類を変えていく事で治療効果を高めていく事ができます。そして新しいタイプの抗うつ剤は副作用が少ないので、安心して続けられます。

もっと詳しく

公費負担を利用しよう

聴診器とキーボード

うつ病にも様々な種類がありますが、ストレスを溜めないようにしたり、ストレスから身を守るような制度を利用する事が大切です。医療費を抑制する制度もあるので、きちんと申請して利用するとかなりお得になります。

もっと詳しく