うつ病にはいくつか種類がある【正確な診断と適切な治療が必要】

医療

原因は複数あります

看護師

薬の使い分けが重要

うつ病の認知度が高まる事で抗うつ剤を使用する頻度が飛躍的に増えています。しかしこの病気は非常に多くの種類の症状があり、程度にも個人差があるので治療には柔軟な対応が必要とされます。うつ病は典型的な大うつ病性障害だけでなく、双極性障害や従来の症状とは違った特徴を持つ新型うつ病があります。更に統合失調症等の他の精神疾患を伴うケースも少なくないです。しかも治療期間中に症状が変化し、最初の診断と異なる場合には使用する薬の種類や量も変えていきます。抗うつ剤の使用により脳内の神経伝達物質の減少を抑え、様々な不快な症状を解消させる効果が期待できます。古くから使用されている3環系や4環系の抗うつ剤には治療効果はあるものの、副作用が問題となる場合があります。しかし現在主流となっているSSRIやSNRIといった新しいタイプの抗うつ剤は比較的副作用が少ないので、日常生活に影響を与える事なく治療を続ける事ができます。副作用にはふらつきやめまい、のどの渇き等の症状がありますが、飲みはじめだけで次第に慣れてくる場合もあります。治療期間中に症状の変化が見られた場合には必ず医師に伝え、適切な処置をしてもらう事が必要です。できるだけ生活の質を低下させる事なく治療効果を得る為には、お互いの信頼関係を築いていく事が肝心です。自分と相性の良い医師を見つける為には、口コミサイトや人気ランキングサイトを参考にするのが便利です。在籍する医師の評判を知る事ができます。多くの人から常に高い評価を得ている医師や病院なら安心して治療を受ける事ができます。うつ病の症状に苦しんでいる人の数は100万人以上と言われています。かつてうつ病をはじめとする心の病を患う人は、差別や偏見の対象となっていた時代があります。しかし今では誰もがかかる可能性のある身近な病気の1つとして認識されています。この病気の症状として多いのが強い不安感や焦燥感、気分の落ち込みです。人によっては不眠や関節の痛み等の身体的な症状が加わる場合もあります。うつ病はいくつかの種類に分類され、治療方法も異なるのが特徴です。症状が酷くなると仕事や日常生活に支障をきたす様になります。原因は1つではなく、数種類の要因が複雑に重なり合う事で症状を悪化させていきます。その1つが過剰なストレスです。予防する為にはストレスとの付き合い方が大きなポイントになります。現代はストレス社会です。至る所にストレスが存在しているので、気が付かない内にストレス耐性が低下し、身体だけでなく脳の機能にも影響してきます。セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン等の脳内神経伝達物質が減少する事でうつ病の症状を引き起こします。そしてストレスを溜めやすい性格や気質というものがあります。中でも執着気質や循環気質といった偏った性格をしている人は自意識が過剰であり、主観的な見方が強いので、ストレスが溜りやすい傾向にあります。この様な自分の考え方やものの見方についてあらかじめ知っておく事も必要です。そしてうつ病になる人の多くは生活習慣が乱れています。暴飲暴食をくり返し不規則な生活をしている人が多く、自律神経も乱れがちです。