うつ病にはいくつか種類がある【正確な診断と適切な治療が必要】

医療

医療機関でおこなうこと

男性

費用や治療方法をしろう

うつ病には一般的な心の風邪として有名な単極性うつ病に加えて、俗にいうハイテンションになってしまう躁状態が発生する双極性障害があります。どちらの種類だとしても、精神科か心療内科に訪れて、きちんと治療してもらえば快方に向かう確率がとても高いです。医療機関へ訪れようとしたときに、気になってしまうのは、やはり診察費用や薬代といった金銭的な面でしょう。うつ病の種類や症状によって、金額は変わりますが、1回あたり5000円も用意しておけば十分なケースが多いです。心配なら訪れる予定の医療機関に電話を掛けて、いくらくらい持っていけばよいのか聞いてみましょう。ただし、カウンセリングは別料金になっているところがほとんどなので、そちらも利用したいのなら、さらに費用がかかることになります。なお、うつ病の治療は長引くことがあるため、診察費用や薬代が生活を圧迫してしまうこともあるでしょう。そのような心配も心の病気にはよくないので、自立支援医療というシステムの活用をおすすめします。保険を使っても医療費は3割負担の方が多いでしょうが、それを1割負担にしてくれるのが自立支援医療システムです。医療費が三分の一になるのは、かなりの金銭的負担が減りますので、長期通院になりそうなら申し込むようにしましょう。ちなみに、自立支援医療システムへの申し込み先は国になりますが、そのためにはドクターの判断が必要不可欠です。したがって、医療機関のスタッフに質問してみれば、申し込み方法が分かりますので、まずは看護師や受付の方に相談してみましょう。うつ病を治すための方法はいろいろとありますが、現在の医療機関で主流なのは抗うつ剤を利用した治療です。抗うつ薬の作用で、ドーパミンやセロトニンといった物質を増やすことで、脳内を正しい環境へと回復させてくれます。うつ病の種類や症状の重さから処方される薬は違いますが、お医者様が必要だと判断したものを服用していけば、快方への近道となるでしょう。そして、うつ病に対するほかの治療方法としては、行動療法やカウンセリングが利用されています。行動療法は間違った考え方を修正する方法で、過度に落ち込んでしまったり余計な不安を抱いてしまったりする方には効果的です。カウンセリングのほうは、専門的な知識をもったお医者様かカウンセラーと会話をすることにより、問題点を見つけていって回復への糸口を探す方法です。ただし、この二つの方法は、おこなっていない医療施設も多いため、利用したいのなら対応するところを探さなければいけません。ちなみに行動療法やカウンセリングを活用するとしても、ほとんどのケースでは薬物治療も同時におこなわれます。なお、医療機関に通い始めてしばらく経てば、治療の効果が出てきて自身が元気になってきたと実感できるでしょう。しかし、そこで勝手に通院を終了させてはいけないので、きちんとお医者様の治療方針に従うようにする必要があります。うつ病というのは元気になったとしてもぶり返しやすい病気なので、完全に元通りだと感じても、お医者様が「通院は終わり」といってくれるまでやめてはいけません。どのような種類のうつ病であっても同じなので、症状と完全に手を切るためにもしっかりと治してしまいましょう。