うつ病にはいくつか種類がある【正確な診断と適切な治療が必要】

医療

公費負担を利用しよう

聴診器とキーボード

ストレスから身を守ろう

うつ病で診察を受ける際には準備しておくべき事があります。うつ病で診察を受けた場合、通常薬剤の費用も含めて2000円から3000円程度の受診費用が必要です。風邪などの内科疾患や怪我などの外科的な種類の治療のパターンだと、病気が完治さえすれば治療は終わりとなりますが、うつ病の場合だと基本的には完治するまで薬剤を服用しなければいけません。そうなるとかなりの金銭的な負担が出てきます。そのような種類の悩みを解決してくれるのが、障害者総合支援法という法律に基づいた、通院医療費負担制度という制度になります。こちらを利用すると、うつ病に関する受診費用が一割負担になるのが特徴です。そのため通常通り受診すると、自己負担が700円から800円で済む計算になります。さらに月の上限枠が2500円から30000円に設定されるのも特徴で、上限枠以上は支払わなくても良いシステムとなっています。また精神科デイケアやデイナイトケアを利用する場合や訪問看護を利用する時にも適応されます。特に精神科デイケアやデイナイトケアはこちらの制度を利用しなかったら1日5000円から10000円というかなり高額な費用がかかりますが、通院医療費負担制度を利用したら上限枠以上は支払う必要はないのも大きな特徴です。精神科病院の申し込み方法ですが、基本的には来院して予約するか、電話やメールなどで予約したら大丈夫です。中には公式サイトを所持している精神科もあり、そのような場合には公式サイトから予約する事が可能な場合もあります。こちらの病気にも様々な種類がありますが、予防方法に関しては、どの種類のうつ病もほとんど変わらないです。一番大切なことはストレスを溜めないことになります。と言ってもいままで好きだったことなどを無理矢理行う必要はないです。あくまで本人のペースで無理ない程度に行うことが大前提となります。次にきちんとした生活リズムを再構築する事も大切なポイントです。一回うつ病を発病すると日常生活リズムが狂ってしまい、昼夜逆転してしまうパターンがあります。そうなってしまうと脳内のバランスがさらに崩れてしまい、うつ病がさらに悪化してしまう悪循環に陥ってしまいます。そうならいためには、朝きちんと起きて、夕方から夜になるときちんと寝るという生活習慣を再構築する必要です。障害者総合支援法に基づく、家事援助のサービスを受けるのも一つの方法です。こちらのサービスは一人暮らしや、一人暮らしに近い生活をしているうつ病患者などに対して、プロのヘルパーが自宅を訪問して、調理や掃除などの家事をサポートするサービスになります。家事を行う事だけでも、うつ病患者にしてみたらかなりの精神的な負担があります。しかし家事援助のサービスを受ける事で、精神的な負担が軽減されるのが特徴です。こちのサービスを受けるのであれば、市町村に申請した上で、専門の相談支援専門員にサービス利用等計画と言われている計画書を作成してもらう必要があります。基本的には家事援助のサービスの場合だと、週に2時間から3時間程度利用できる場合がほとんどです。